雨竜沼湿原・後編。

カテゴリ/雨竜町

では、雨竜沼探検の続きを

険しい山道と格闘すること2時間弱。やっと眼の前に湿原の風景が…

…と、その前にこんな看板。「靴底洗い場」と書いてあって、

湿原内に雑草の種を持ち込まないよう

靴底ちゃんと洗いましょう、って場所ですが要は沢を渡るので、イヤでも靴底は

キレイに洗浄されるという仕組み(笑)。

そしてこの沢を渡ると…遂に雨竜沼湿原の入口に到達しました!ココでしばしの間お昼休憩

エネルギーしっかりチャージした後、

湿原を廻る木道へと出発しましたほどなく「湿原テラス」に到着。

ここで改めてご紹介しますが、

今回の湿原登山でお世話になったこの方。雨竜町地域おこし協力隊の中村稜太さん。

現在3名いる隊員のうち、

主に観光関連を担当されてますが、

雨竜沼への訪問が今回でなんと21回目!

今年赴任3年目だそうなので、

実に年10回近く登ってることになります。

なので雨竜沼についてはかなり詳しい💡

いろいろアドバイスいただいて助かりました

そして、気になってる方いるかもですが

僕らが着てるこのTシャツ、中村さんが

アウトドアブランドで有名な

あのモンベル社とコラボしてプロデュースした

雨竜沼のオリジナルTシャツなのです👕

おしゃれだし、何より着心地がイイ!

途中出会った登山客の方にも聞かれたけど、

実はこちら、雨竜町の道の駅限定商品

気になる方はぜひ雨竜でお買い上げを

詳しい情報は↓をご覧ください!

雨竜町地域おこし協力隊Facebook

 

湿原テラスから先の風景はこんな感じ。(※許可を得てドローン撮影をしています)

雨竜沼は東西2㎞、南北1㎞の範囲に広がり、

札幌ドームで言うと約18個分の面積。

その中に「池塘(ちとう)」と呼ばれる

大小様々な池?沼?が741個もあるのです。池塘の間を縫って続く木道。

向かって右側は「大沼」と呼ばれる沼です。木道の横に咲くエゾカンゾウの花。以前はこんな風景も見られたそうですが、

2015年頃からエゾシカが入り出し…↑こんな感じで食べられてしまうことが多いらしい

自然って本当にデリケートなバランスの上に

成り立ってるんですね…。

「浮島橋」という橋を渡ると、

木道は1周約4㎞のループに入ります。果てしなく続く静かな木道…。向こうに聳える山は、右が暑寒別岳(1,492m)、

そして左が南暑寒岳(1,296m)。

この道をずーっと奥まで進むと、

南暑寒岳への登山道に繋がっています。木道のすぐそばにエゾカンゾウと、

紫の花は…「ヒオウギアヤメ」かな?天気がイマイチで曇りがちだったけど、

池塘には暑寒別の山並みが

水鏡になって映し出されてました✨

 

こうして約1時間ほど木道散策を満喫。

登山がキツかった分、湿原の風景に

一層心が洗われました…

しかし…

 

上ったからには下りもある!

そう、この後あの険しい山道をまた

下りてかないと終わりじゃないんですよね💦 登山慣れた方はよく知ってると思うけど、

何気に下山の方が登山よりキツかったりする💦

帰り道はノルディックウォーキング用の

ポールを借りて使ったけど、

だいぶ役に立ちました帰り道の途中「白竜の滝」にも寄り道。蒸し暑い中火照った身体に

マイナスイオンを浴びて来ました(笑)。 しかしこの滝への上り下りが

また輪をかけて傾斜ハンパない💦💦

ロープに捕まらないと登れないくらい

僕のお尻が汚れてるのは、

この時滑って尻餅ついたからだと思われます

こうして夕方5時前、

スタート地点にやっと帰着。都合6時間弱ほどの長丁場となりました💦ユニフォームや靴はドロドロ

後処理が大変でしたが💦

おそらくマスコット・キャラクター界隈で

雨竜沼に到達したのは初なんじゃないかと(笑)。

ひとつ勲章が増えた気分です

訪問歴20回を超える中村さんに

雨竜沼のどの辺に一番魅力を感じるのか

聞いたんですが、彼曰く

「訪問するたびに違う表情・風景を

見せてくれるところに惹かれますね~」

とのことでした。

ちょっと覚悟と時間が必要だけど、

別の季節にもう1回くらい

訪問してみたい…かな~~???

なんか登山のキツい部分ばっかり

目立っちゃったかもしれないけど、

湿原の風景はホント一見に値するんで、

もしご興味ある方は装備しっかり揃えた上で

チャレンジすることをオススメしますよ!